今一度引き締めを!〈新型コロナウィルス〉

第1波1918年3月米国北西部で出現。米軍とともに欧州に渡り、多数の死者を出す。
第2波1918年秋世界的に同時発生。さらに重症化を招く。
第3波1919年春1919年秋に収束。

今から約100年前の、1918年〜1919年にかけて世界的な感染爆発を引き起こした、死者数4,000万人〜5,000万人といわれている、スペイン風邪の歴史である。
歴史は繰り返されるものである。今一度気持ちの引き締めを!
ところで、我が国の感染症予防法に前文があるのをご存知だろうか?
少し長くなるが、重要なことが書かれているので紹介する。

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」前文
人類は、これまで、疾病、とりわけ感染症により、多大の苦難を経験してきた。ペスト、痘そう、コレラ等の感染症の流行は、時には文明を存亡の危機に追いやり、感染症を根絶することは、正に人類の悲願と言えるものである。
医学医療の進歩や衛生水準の著しい向上により、多くの感染症が克服されてきたが、新たな感染症の出現や既知の感染症の再興により、また、国際交流の進展等に伴い、感染症は、新たな形で、今なお人類に脅威を与えている。
一方、我が国においては、過去にハンセン病、後天性免疫不全症候群等の感染症の患者等に対するいわれのない差別や偏見が存在したという事実を重く受け止め、これを教訓として今後に生かすことが必要である。
このような感染症をめぐる状況の変化や感染症の患者等が置かれてきた状況を踏まえ、感染症の患者等の人権を尊重しつつ、これらの者に対する良質かつ適切な医療の提供を確保し、感染症に迅速かつ適確に対応することが求められている。
ここに、このような視点に立って、これまでの感染症の予防に関する施策を抜本的に見直し、感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する総合的な施策の推進を図るため、この法律を制定する。

関連記事

  1. 政府 予備費支出を閣議決定

  2. 中小企業・個人事業主の方対象 新型コロナウイルスに伴う支援情報

  3. 持続化給付金-2020年新規開業者は給付対象?

  4. コロナ禍でできる事

  5. 飛沫感染対策

  6. 持続化給付金 申請代行に注意、SNSで不審な勧誘

PAGE TOP